これから恋人や結婚相手を見つけるためにお見合いパーティや知り合いなどの主催するコンパに参加するのに、まさか穴の開いたジーパンやサンダル、汚れのついたスニーカーにTシャツ、トレーナーなどさえない格好で行く人はいないと思いますが、会社に行くときに着るスーツで行くのもあまりおすすめできません。

確かにスーツで参加することで服装はそれなりに決まっていますし、スーツ姿に好感を持つ女性がいることも確かです。

しかし、スーツで好印象をもってもらった後に連絡先を交換し、初デートに発展した場合にスーツでデートをしますか?

場合によっては、会社帰りに食事をするなどのデートも考えられますが、じきに私服で会うことになるのは確実です。

その時にセンスの無い服装だと、相手の女性がガッカリしてしまうことも考えられます。

それはまだ先の話ではありますが、その前にお見合いパーティや合コンでスーツという無難なファッションでは周りの男性と差が出来にくいことも確かです。

それでは、どのようなファッションでパーティやコンパに行けばよいのでしょうか?

キレイめのかっこいい服装をするならジャケパンが基本です

まず外せないのがジャケットパンスタイルです。

お洒落なジャケットは仕事用のスーツとは見た目も素材感も明らかに違うので、女性も詳しくは違いがわからないまでも「なんかこの人おしゃれ!」と感覚的に判断します。

ただし!!イタリアなどの高級生地を使った高級ブランドの20万円以上するオーダーメイドのスーツの場合は話が変わります。

明らかに仕事用スーツとは違ったオーラやデザインで誰の目にもいい服だということがわかりますし、年収もそれなりの男性だと意識させることができるでしょう。

でも・・・・
ここでは、そんな高級ブランドスーツではなく、普通の人でもおしゃれに着こなして印象をよくするコーディネートのお話です。

大切なのは清潔感とサイズ感

どんなにいい服を着ていてもサイズが合ってなくてダボダボだったり、丈が短くてきつそうな服装は問題外。

また、肩にフケが落ちていたり汗臭かったりしたらもう最悪です。

この記事を読んでいる方は、ファッションに気を遣う方だと思いますのでそんな非常識な方はいないと思いますが、合コンや婚活パーティには時々いるのが現実です。

清潔感を出すために、だらしない服装にならないように体にフィットした服装で挑みましょう!

お洒落なジャケパンで周りと差をつける!

平日のパーティでは、男性陣はスーツが多いことが想像できます。
そこへおしゃれなジャケパンスタイルで周りとは少し違う感を出すことができます。

スーツでも構いませんが、シャツはカジュアルダウンしたオックスフォードシャツにしたり、ネクタイをニットタイに変更するなど小技を使って少し違うお洒落感を出していきましょう。

ネクタイも普通に結ぶのではなく、リングタイを使ってみるなど小物のこだわることでセンスの良さを醸し出すことができます。

ジャケパンのコーディネートで失敗しやすいのが、ジャケットとパンツを同系色の色にしてしまうことです。

ジャケットは濃いグレーでパンツは薄いグレー、ジャケットは濃いめのネイビーでパンツは青に近いネイビーなどの組み合わせは、最悪の場合スーツを着てこようとして間違って違う色のパンツにしてしまったの?と思われてしまう可能性があります。

色味によってはきちんと見えることもあるので、一概には言えませんができるだけ避けたほうがよいでしょう。

せっかくジャケットとパンツの組み合わせを楽しみことができるので、違う色の組み合わせでセンスよく着こなしましょう!

季節によってジャケットとパンツの色の組み合わせも変えたいですね。
春夏でしたら、ライトグレーや薄いブルーなど淡い色のジャケットに白パンツなどは爽やかさがあってとてもいい組み合わせです。

秋冬でしたら、濃いめのネイビーやブラックのジャケット、キャメルなどのジャケットにグレーのパンツなどは定番で外さないコーディネートです。

それほどかしこまった場でなければ、ジャケットにキレイ目のジーンズに茶色の革靴などもコナレ感がでていていい感じのコーディネートではないでしょうか。
革靴は黒でも似合います。

小物にもこだわる

細かいところではベルトやバッグにもこだわりたいとこです。

ベルトは靴の色や素材と合わせるのが基本。スエード靴ならスエードのベルトをチョイスしてると、おしゃれに気を使っているな!と思われます。せめて靴の色とベルトの色は最低限合わせるようにしましょう。

靴下については白靴下は避けましょう!学生のようなスタイルになってしまいますしかなり目立ちます。

グレーやネイビー、ブラックなどを基調にしたシンプルなタイプが無難です。パンツの色と靴の色に合わせて選びましょう。

腕時計も見られるポイントです。
時計好きなら機械式の高級ブランドもありですが、セイコーやシチズンなど国産のシンプルな3針の皮ベルトの腕時計はセンス良く見えます。

夏場は汗をかくので金属ベルトの腕時計でもOKです。
グランドセイコー、ハミルトン、オメガ、ロレックス、タグ・ホイヤーなどは知名度も高くておしゃれですので、余裕があれば1本持っておきたい腕時計ですね。

人の良し悪しは中身というのは間違いありませんが、無意識に見た目でだいたいの印象は決まってしまいます。

服装や身なりに気を遣ってかっこいい服で初対面を迎えたほうが、相手に与えるイメージは数段良くなります。

まずは第一印象を良くしてきっかけを作り、そこから中身の勝負をしましょう。
女性によい印象を与えられない服装ではスタートラインにさえつくことができません。

見た目にこだわって会話をするところがスタートラインです。

メンズファッションのセンスを磨いて、良い出会いを期待してがんばりましょう!

参考になるファッションブログいっぱいあるよ!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。