男性で帽子をかぶってる人って案外少ない気がします。
帽子をかぶる人=おしゃれにかなり気を使っているというイメージがありますよね?

メンズファッションを気にしだしたり、ちょっと興味がでてきたら帽子をかぶることにチャレンジしてみましょう。

帽子は、おしゃれ度を簡単に上げる優秀アイテムです。
でも自分には帽子が似合わない・・と尻込みしてしまう人も多いと思いますがそんなことはありません。
自分に合う帽子を選ばないだけで、帽子が似合わない人なんていないと思います。

まず帽子の種類を大まかに紹介します。
一番上がフォーマル度MAXで、徐々にカジュアルよりの帽子になっていきます。

  • シルクハット
  • 中折れ帽
  • ボウラーハット
  • ハンチング帽
  • ベレー帽
  • キャスケット帽
  • キャップ
  • ニット帽

だいたいこんな感じでしょうか?
あとは素材感でもフォーマル度やカジュアル度を計ることができます。
帽子の素材がツルツルして光沢のあるもののほうが、よりフォーマルに、ザラザラした感じやニット素材、麦わらのような素材、フワフワした感じなど目の粗い素材になるほどカジュアル度が増します。

洋服や靴でも当てはまりますので覚えておくと良いでしょう。
Yシャツやスーツなどもツルツルしていたり、光沢のあるもののほうが高級感もありよりフォーマルな感じがしますよね?
靴も同様に、ツルツルピカピカの革靴とキャンバス素材、メッシュ素材やスエード素材の靴は同じデザインであっても、よりカジュアルな雰囲気になります。

帽子初心者の方におすすめ!黒のハット

CA4LAの黒ハット
(model:KOTSUBA CA4LA横浜ジョイナス店にて購入)

どんな帽子がファッションに取り入れやすく、コーディネートしやすいのか?

まず、カジュアルファッションに取り入れる際に避けたいのがシルクハットです。
シルクハットはフォーマル度が最も高く、かぶるシチュエーションや場所が非常に限られます。
また、普通のスーツやカジュアルな服装には合いません。

キャップ帽も似合う人と似合わない人(小学生の野球帽のようになってしまう人)もいるので、30代以上の方は、おしゃれに取り入れるのは難しいので避けたほうが無難でしょう。ただし、10代や20代の方なら似合う方も多いと思います。

30代以上でも、イケメン芸能人のように整った顔立ちの方などは例外です。
顔が小さくて、細くてシュッとした感じの方ならおしゃれにキャップをかぶることができると思いますが、丸顔の人やイケメンではない三枚目の顔の人だと少年野球のように見えてしまう恐れもあります。

丸顔やイケメンではない方こそもっとフォーマル度の高い帽子をかぶったほうが似合いますしかっこよくなります。

最初に帽子を買うなら黒のハットを買うべし!

今まで帽子は似合わないと思ってお洒落アイテムに帽子を取り入れてこなかった人におすすめの帽子は、ずばりハットです。
シルクハット以外のハットで、中折れ帽と呼ばれているハットや丸みを帯びたボウラーハットがおすすめです。

帽子の色は黒ならどんなファッションにも合わせやすく、違和感がないでしょう。
なぜ黒だと違和感がないのかといえば、日本人の髪の毛の色が黒だからです。

最初に選ぶべき帽子は黒の中折れ帽か黒のボウラーハットにしてみましょう。

女性の場合は帽子のつばがかなり長くても似合いますが、男性の場合はあまりつばが長いとコーディネートが難しくなります。
タレントの栗原類さんのようなつばの長い帽子ではなく、お笑い芸人のどぶろっくの江口直人さんのような帽子のイメージです。

黒のハットがかぶるだけで、ラフでカジュアル過ぎる服装でも全体のバランスがよくなり、とてもおしゃれに見えます。
スーツなどに合わせるとよりカッチリした感じになりフォーマル度がアップします。

帽子はファッション全体のバランスをしっかり目、カッチリ目に上げたい時に非常に重宝する万能アイテムです。
Tシャツ、ハーフパンツのすごくラフで楽なスタイルでもハットをかぶるとこなれ感がでてすごくおしゃれに見えます。

今まで帽子をあまりかぶったことがない人は、はじめのうちは違和感があるかもしれませんが、頻繁にかぶることですぐにその違和感はなくなってきます。
帽子をかぶることに慣れてきたら、色や形の違う帽子をいくつか買い足しておしゃれの幅を広げていきましょう。

参考になるファッションブログいっぱいあるよ!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。